税務総合戦略室便り

HOME >  税務総合戦略室便り >  第91号 >  留学生や外国人の技能実習生の所得税を考える

留学生や外国人の技能実習生の所得税を考える

第91号(2017年06月01日発行分)

執筆者6

留学生や外国人の技能実習生の所得税を考える

先日、秀明大学において租税法の講義を行いました。
 これは、弊社の活動の一つとして毎年行われており、弊社のメンバーが分担して講師を務めているものです。
 その大学では海外からの留学生も多く、当講座にも多くの中国・ベトナム等の学生が受講していました。
 租税法の講義なので、憲法、法律、政令、省令、通達の意義・目的について説明するとともに、法律の上位に位置するものとして租税条約についても説明しました。

租税条約について

ここで、租税条約について簡単に説明します。
 各国には、それぞれの歴史に基づき独自の税制があります。人や法人の活動が、その国だけでなく外国にまで及ぶと双方で課税される二重課税等の問題が発生するため、調整のツールが必要であり、租税条約はそのために存在しています。

相手国によって異なるのが租税条約

 租税条約は、日本国と中国、日本とベトナムといったように2国間で定めます。したがって、締約時における2国間の状況や都合によって条約の内容が影響されるということを聞いています。

留学生の国によってはアルバイトの所得税が免除

 今回の租税法を受講する留学生の中に日本でアルバイトをしている人を仮定します。その場合に、アルバイト先から支払われる給与に対しては、日本国内で生じた所得であるため日本で課税対象になります。留学生については、通常、日本国の居住者であると推定されるので、通常の所得税が源泉徴収されます。
 ただし、日中租税条約においては、その留学生が中国人の場合で、次の要件を充たしている場合には所得税が免除されることになっています。

日中租税条約第21条(学生)

  • ①専ら教育や訓練を受けるため又は特別の技術的経験を習得するために、日本国に滞在する学生・事業者・研修員であること
  • ②現に中国の居住者である者又は日本国に滞在する直前に中国の居住者であった者であること
  • ③その者が、その生計、教育又は訓練のために受け取る所得であること
  • ※学生には各種学校又は専修学校の生徒は含まれません。

この免税措置については、その中国人留学生が日本の居住者であるか非居住者であるかを問わず、また滞在期間・金額の制限もありません。
 適用の手続きは、給与を支払う事業者が、留学生から「租税条約に関する届出書(様式8)」及び学校の発行する在学証明書の提出を受け、これを事業者の所轄税務署に提出することによります。

ベトナムの留学生の給与は

日越租税条約では次のように規定されています。

日越租税条約第20条(学生)

①~③(日中租税条約とほぼ同じです。)
 ④ただし当該給付が日本国外から支払われるものである場合に限る

このように、日越租税条約においても、日中租税条約と同様に学生の免除を規定しているのですが、その免除は日本国外で支払われたものに限定しているのです。
 したがって、日本国内で支払われる給与は、免除の対象外になる訳です。

ベトナムの留学生が免税にならないのは不合理か?

いきなり結論を言えば、課税理論上不合理ではありません。
その理由は、二国間で租税条約を定める場合の指針となるOECDによる「条約モデル」では、日越租税条約のとおり定められているからです。つまり基本に忠実に規定されていることになります。
 結局、中国側に特典を与えていることが、その原因という訳です。

米国・英国・豪国等もOECD条約モデルと相違

これらの国々については、締約時において留学生はもっぱら日本人であったと考えられますが、それぞれ独自の規定になっています。
 ここで結論、租税条約は力関係ですね。

税務総合戦略室便り 第91号(2017年06月01日発行分)に掲載

お電話でのご相談・お申込み・お問い合わせ

全国対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5354-5222

PAGE TOP