MENU

サービス

HOME > サービス > 相続税対策

相続税対策

担当する税理士によって税額に差が出ることをご存じですか。

相続に対する思いは人によって千差万別です。
納税額を最小にしたいというニーズがある一方、円満な相続や家の継承を最優先に考える方もいらっしゃいます。
そんな方は税金さえ節約できればという発想は薄く、願いは自分亡き後の家族の幸福にあります。
ただ、思いの違いはあれど、「できるだけ納税額は抑えたい」気持ちは誰にでもあるでしょう。
人それぞれの家族、相続に対する思いを最大限尊重したうえで、節税を図ることが、私どもの役割です。

税理士のサポート力と専門性でご提案

相続税は生前からの事前対策が非常に重要です。対策を始めるのに早すぎるということはありません。

相続税額は、「財産をどう評価するか」で変わります。相続の専門家は、一つの財産について様々な角度から検討して評価を行うため、結果的に相続税額に違いが生まれるのです。したがって、相続の成否は税理士のサポート力や専門性が鍵になるといっても過言ではありません。信頼できる専門家選びこそ相続対策の要といえるでしょう。

私ども「税務総合戦略室」には、多数の専門分野の異なる元国税調査官が在籍しており、相続に関わる幅広い問題に対応します。私たちは専門家のチームで現状分析を行い、対策を検討し、相続を成功に導く最適なプランをご提案します。

資産税スタッフより~現場の声~

国税の職場で感じたことは、意外に相続対策をしていない方が多いということです。

その結果、相続税調査において、子供や孫名義預金を被相続人の財産として認定され、最悪の場合隠匿したものとして、多額の税金を納めるケースもたくさん見てまいりました。 これらの名義預金の存在については、あらゆる角度から検討し事前対策すれば、全て認定されることもないはずです。

ただし、これは法律に記載のないグレーゾーンであるため、相続財産として認定されるかどうかは、経験と実績による「勘所」が大切になってきます。

そういう現場を何十回何百回体験している税理士はそう多くはおりません。

弊社では、国税の現場で常にそういった問題に対峙してきた税理士が複数在籍している強みがあると自負しております。

過去にご提案した主な相続対策事例

Ⅰ 生前贈与を活用したもの
①暦年贈与 ②相続時精算課税制度の活用 ③住宅所得資金の贈与 ④教育資金の一括贈与特例 ⑤結婚・子育て資金の一括贈与特例 ⑥負担付贈与 ⑦死因贈与 ⑧世代飛ばし贈与 ⑨非住居者間の国外財産贈与

Ⅱ 不動産を活用した対策
①収益不動産の購入 ②タワーマンション節税 ③遊休地の活用 ④小規模宅地 減額特例の効果的適用 ⑤広大地評価 ⑥不動産管理法人の活用 ⑦等価交換 ⑧土地の分筆 ⑨物納準備

Ⅲ その他の対策
①家族名義預金対策 ②養子縁組 ③遺言作成助言 ④民事(家族)信託の活用 ⑤生命保険を利用した節税 ⑥一般社団法人の設立 ⑦相続性調査対策 ⑧第二次相続を見据えた対策

上記は過去弊社にて実施したもの、ご提案した対策の項目だけをご紹介したものです。これ以外にも数多くの対策法がございますので、お客様の状況に合わせた最適なプランをご用意いたします。

お電話でのご相談・お申込み・お問い合わせ

全国対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5354-5222

PAGE TOP

全国対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。

03-5354-5222(平日9~18時)