税務総合戦略室便り

HOME >  税務総合戦略室便り >  第94号 >  終わりなき旅 夢のつづき 九

終わりなき旅 夢のつづき 九

category: その他
第94号(2017年09月1日発行分)

執筆者4

12月23日・24日の広島公演も終わり年内は終了した。あとは、4月26日・27日の福岡公演を残すのみとなった。
 多くのファンの書き込みを読むと「省吾ロス」という言葉が使われていた。しかし、自分の心は満たされていたためかその言葉は当てはまらない。次のツアーまで楽しく待てると思っている。そんな矢先の平成29年2月10日に嬉しいメールが飛び込んできた。
 「チャリティーコンサート開催のお知らせ」メールを開いた。
 詳細は次のとおり

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2016 SPECIAL〝Journey of a song writer〟since 1976
国連UNHCR 難民支援プロジェクトサポートのためのチャリティーコンサートの開催が決定しました。

〈公演詳細〉

  • 【主催】 ROAD&SKY/J.S.Foundation/SUNDAY FOLK PROMOTIN
  • 【後援】国連UNHCR
  • 【日程】2017年4月18日(火)/4月19日(水)
  • 【会場】愛知/日本ガイシホール
  • 【開場/開演時間】17:00/18:00(両日共)
  • 【チケット一般販売受付期間】
  •  2017年3月3日(金)13:00~3月12日(日)23:59
     ※ファンクラブ先行、その他各種先行受付はございません
     ▼チケットの一般販売は下記チャリティーコンサート特設サイトでのWEB受付のみとなります。
     詳しくはチャリティーコンサート特設サイトをご覧ください。
     以上

小躍りして喜んだはいいが、場所は名古屋、日程は平日ど真ん中。う~ん、次の瞬間、まずは申込んで当選してから考えればいいということで結論を出した。
 抽選申込みをして結果発表までもが楽しい。申込み時点で当選している自分がいるから幸せである。
 しかし、結果は残念ながら両日とも落選してしまい、繰上当選も虚しく、さらにマッチングシステム(購入した者が都合により公演に行けなくなった場合のチケット譲渡システムで、転売目的等を排除するためにとられているものである)も玉砕してしまった。
 こんな時に限って、当日仕事で名古屋に行くことになるなんて……。
 最後は、前日先着販売にかけるしかないと思いパソコンを開いた。
 しかし、次の情報が前日に入ってきた。

2017年4月18日(火)4月19日(水)日本ガイシホール公演の前日先着販売ですが残席が無いため、販売はございません。
 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

「ガーン。せっかく名古屋にいるのに……。」
 このメールを見るまでは、必ず行くことができると信じていた。なぜなら、このタイミングに仕事で名古屋にいるのは「神ってる」としか言いようがないじゃないですか。
 せめて会場である日本ガイシホールまで行こうかどうしようか迷った挙句やめてしまった。躊躇せず行かなかったのはファンとしてはあり得ない行為かもしれません。なんといっても近くにいるにもかかわらず。
 翌日19日の夕方には新幹線に乗り、帰路に就いた。
 名古屋駅を出発して数分後には笠寺駅付近を通過する。つまり、日本ガイシホールの横を通過してくようなものである。
 窓越しに日本ガイシホールの円型の屋根を見ながら時間を確認した。まもなく18時になろうとしていた。刻一刻と迫った開演を待ち望んでいるファンに溢れていることであろう。
 そして18時。座席に戻り、会場にいる自分を思い浮かべながら「路地裏の少年」を聞いている。

4月30日
 自宅のポストを見ると幸せの青い封筒(ファンクラブ会報)が届いていた。インタビュー記事が続く中、何気なく掲載されていた。
 『速報 ファンクラブ会員限定
 イベント開催』

税務総合戦略室便り 第94号(2017年09月1日発行分)に掲載

お電話でのご相談・お申込み・お問い合わせ

全国対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5354-5222

PAGE TOP